新機能「簡易チャットボット機能」追加のお知らせ

本日、「簡易チャットボット機能」をリリースしました。

簡易チャットボット機能を利用することで、お友だちから送られてきたメッセージに対して「完全一致」だけではなく様々な条件を設定することができ、自由度を持たせた返信をすることができるようになりました。

簡易チャットボットの概要

Posterでは、指定したテキストに対してルールを作成します。

【簡易チャットボット管理画面】

例えば、

友だちから「こんにちは」という言葉が送られてきた場合に、自動的に返事をしたい。

という設計でチャットボットを作成する場合、以下がポイントになります。

  • テキストのマッチタイプを考える:「こんにちは」という言葉は、「文頭」「文中」のどこに位置する場合なのか。
  • 返信タイプを考える:返信タイプは「テキスト」だけなのか、「テンプレート」を呼び出したいのか。

マッチタイプの種類

指定のテキストのマッチタイプを設定することができます。

  • 完全一致
  • 前方一致(発言されたテキストの冒頭がキーワードと一致する場合)
  • 後方一致(発言されたテキストの末尾がキーワードと一致する場合)
  • 部分一致(発言されたテキストにキーワードが含まれる場合)
  • 正規表現

改行区切りで複数キーワードを設定する事ができます(正規表現を除く)。
複数キーワードが設定された場合は、いずれか1つに一致した時に指定メッセージが返信されます。

以下は「こんにちは」という言葉が冒頭にある場合で、「コンニチハ」などカタカナ表記も登録し、いずれか1つに一致した時に指定メッセージが返信されるように記述しています。

【ルール作成画面】

返信タイプ(イベント)の種類

設定したルールでテキストがマッチしたら、返信するタイプを設定します。

  • テキスト:入力したテキストを返信する
  • テンプレートの呼び出し:事前に作成してある任意のメッセージテンプレートを呼び出す

以下は事前に作成してあったテンプレート「挨拶」というメッセージテンプレートを選択しています。

【イベント作成画面】
【イベント作成:テンプレート選択】

イベントの複数登録

上記例ではイベントを1つだけ登録しましたが、
1つのルールに対して複数のイベントを登録することができます。

その場合、「出現頻度」に値を入力することでイベントが選択される比率を指定することができます。

出現頻度の設定例

例えば、以下のようにイベントを2つ追加し、それぞれの出現頻度を設定した場合

  • イベント1(出現頻度:3)
  • イベント2(出現頻度:1)

「イベント1」の方が「イベント2」より高い頻度 ※ で選択されます。(イベント1 > イベント2)

※「イベント1」は3/4の確率、「イベント2」は1/4の確率で選択されます。

【イベントの出現頻度の設定】

その他リリース項目

簡易チャットボット機能を含め、今回のリリース詳細についてはアップデートのお知らせページをご覧ください。

無料で始めるLINE公式アカウントの販促ツール!

今すぐ無料で始める

Posterについてのご質問・ご相談
画面右下のチャットまたは問合せフォームボタンより承ります。

お問合せフォームへ

受付時間:平日09:00〜17:00


※ LINE 及び LINE@ はLINE株式会社の商標または登録商標です。PosterはLINE株式会社が提供する LINE Messaging API を利用しています。