LINE公式アカウントと連携

Step1. Messaging APIの有効化

  • 1.LINE Official Account Managerにログイン

    LINE Official Account Managerにログインしたら、画面右上の「設定」を選択します。

  • 2.「Messaging API」を選択

    左メニューから、「Messaging API」を選択します。

  • 3.Messaging APIを利用する

    「Messaging APIを利用する」ボタンを選択します。

  • 4.プロバイダーを作成

    任意のプロバイダー名を入力し、作成します。
    すでにお持ちのプロバイダーがある場合は、選択肢に表示されますので任意のものを選択してください。

    ※ プロバイダーにはお客様ご自身が決めた任意のプロバイダーを作成してください。下記画像は弊社で設定したプロバイダー名ですので、下記と同じプロバイダー名で作成しないでください。

  • 5.プライバシーポリシーと利用規約を入力

    プロバイダーのプライバシーポリシーと利用規約ページのURLを任意で入力します。
    「OK」を選択して次に進みます。

  • 6.内容確認

    登録内容を確認し、「OK」を選択します。

    ※ アカウント名・プロバイダーにはお客様ご自身が設定したものが表示されます。下記画像は弊社で設定した情報ですので、同じ情報は表示されません。

  • 7.Messaging APIが有効化される

    Messaging APIが有効になりました。

    しかし、このままではPosterで新しい友だちの情報が把握できない状態なので、友だち情報を取得できるよう設定をします。

    左メニューから、応答設定を選択します。

  • 8.連携設定

    Posterとの連携に必要な設定をそれぞれ下記の通りに設定してください。

    ①応答モード
    応答モードは「Bot」に設定します。
    ※ この設定が「チャット」になっていると、Posterを含む外部ツールが使用できなくなるため、新しい友だちの情報なども把握できなくなります。
    ②あいさつメッセージ
    友達登録をした時に自動的に送信されるメッセージの使用有無を設定できます。
    Posterであいさつメッセージを作成する場合には、「オフ」に設定します。
    ③応答メッセージ
    自動返信メッセージの使用有無を設定できます。
    Posterで自動返信メッセージを作成して使用する場合には、「オフ」に設定します。
    ④Webhook
    Posterと連携するためにWebhookを使用する必要があるので、Webhookは「オン」に設定します。
  • 9.LINE IDを確認します

    LINE Official Account Manager 画面のヘッダーに「@」マークから始まるIDが表示されます。
    このIDは、Poster側で配信アカウントを作成する時に入力する「友だち登録コード」で使用します。

Poster管理画面での操作

  • 1.配信アカウントの新規作成

    Poster管理画面へのログインしたら、PosterへLINE公式アカウントの登録を行います。 配信アカウント新規作成ボタンを選択してください。

  • 2.サービス名、友達登録コードを入力します

    ①サービス名
    ご自身がお持ちのLINE公式アカウント名を入力します。
    ②友だち登録コード
    LINE Official Account Manager 画面のヘッダー内に「@」マークから始まるコードを入力します。

    Posterで管理したいLINE公式アカウントのサービス名友だち登録コード(@マークから始まるLINE ID)をそれぞれ入力し、アカウント作成ボタンを選択します。

無料で始めるLINE公式アカウントの販促ツール!

今すぐ無料で始める

Posterについてのご質問・ご相談
画面右下のチャットまたは問合せフォームボタンより承ります。

お問合せフォームへ

受付時間:平日09:00〜17:00


※ LINE 及び LINE@ はLINE株式会社の商標または登録商標です。PosterはLINE株式会社が提供する LINE Messaging API を利用しています。