LIFFアプリを作成、Posterへ設定

LINE公式アカウントと連携

Step4. LIFFアプリを作成、Posterへ設定

必ずLINE Developersの公式ドキュメントで正しい手順をご確認ください。

本ページで案内する方法は、あくまで弊社調査に基づくものであり、Poster管理画面との連携を前提にした内容です。

LINE Developersでの操作

  • 1.LIFFを選択

    Step3で作成したLINEログインチャネルを選択した状態で、 タブメニューから「LIFF」という項目を選択します。

  • 2.LIFFアプリを作成

    「追加」ボタンを選択して、LIFFを作成します。

    2つ目を作成するときは「追加」ボタンの位置が少し変わります↓

  • 3.情報を入力

    ①LIFFのアプリ名

    LIFFのアプリ名を入力します。
    アプリ名は任意の名前をつけて下さい。

    ②サイズを選択
    • Full
    • Tall
    • Compact

    それぞれ1つずつ、計3つ作成が必要です。
    どのサイズから作成しても構いません。

    この例では、まず「Full」サイズから作成します。

  • 4.「エンドポイントURL」を設定

    「エンドポイントURL」に、Poster側から発行された「エンドポイントURL」を貼り付けます。

  • Poster管理画面での操作

    Poster管理画面のチュートリアル「Step4:LIFFアプリを有効にしましょう」の画面に、LIFFサイズごとの「エンドポイントURL」が記載されています。

    作成するサイズに応じた「エンドポイントURL」をコピーしましょう。

    ※コピーするエンドポイントURLを間違えないようにしましょう。作成するサイズに合ったものをコピーして下さい。
    例えば、作成するLIFFサイズが「Full」の場合は「Full用のエンドポイントURL」をコピーしましょう。

  • 5.「Scope」「ボットリンク機能」などの設定

    ①Scope

    「Scope」項目の「profile」と「openid」にチェックを入れます。

    ②ボットリンク機能

    「ボットリンク機能」項目は任意で選択して下さい(通常はオフで問題ありません)。

    ③ScanQR

    「オプション」項目の「ScanQR」をオン(緑色)にします。

    モジュールモードは設定せず、「追加」ボタンを選択して登録を完了します。

  • 6.LIFF IDをPoster管理画面側に設定

    LIFFの作成が完了すると、「LIFF ID」が発行されます。

    このLIFF IDをコピーして、Posterのチュートリアル画面に戻り該当箇所に貼り付けましょう。

  • Poster管理画面での操作

    Poster管理画面のチュートリアル「Step4:LIFFアプリを有効にしましょう」の画面に戻り、LIFFサイズごとの「LIFF ID」を貼り付けましょう。

  • 7.同じ作業を2回繰り返す

    残り2サイズのLIFFを同じように作成しましょう。

    手順2〜6の作業を繰り返して、「Full」「Tall」「Compact」合計3つのLIFFを作成します。

Poster管理画面での操作

  • LIFF IDの設定を確認

    Poster管理画面のチュートリアル「Step4:LIFFアプリを有効にしましょう」の画面で、
    「Full」「Tall」「Compact」全てにそれぞれのLIFF IDを入力したことを確認しましょう。

    全て入力をしたら「登録」ボタンを押して次のステップに進みましょう。

NEXT 最後に、リッチメニューを選択します。 Step5. リッチメニューを選ぶ

無料で始めるLINE公式アカウントの販促ツール!

今すぐ無料で始める

Posterについてのご質問・ご相談
画面右下のチャットまたは問合せフォームボタンより承ります。

お問合せフォームへ

受付時間:平日09:00〜17:00


※ LINE 及び LINE@ はLINE株式会社の商標または登録商標です。PosterはLINE株式会社が提供する LINE Messaging API を利用しています。