リッチメニューの設定方法

  • 1.「リッチメニュー管理」画面に移動します

    サイドメニューから「リッチメニュー管理」を選択します。

  • 2.リッチメニューを新規作成します

    右上の 新規作成ボタンを選択します。

  • 3.必要項目を入力します

    メニュー名、表示ラベル、初期表示設定をします。

    ①メニュー名(管理用)
    管理用に設定するタイトルです。ここで入力したタイトルはユーザーに見えることはありません。
    ②表示ラベル名
    チャットルームの画面下に表示されます。
    ③メニューの初期表示
    この項目にチェックを入れると、チャットルームを開いたときにメニューが開いた状態で表示されます。
  • 4.メニュー画像を挿入します

    メニューのレイアウトタイプと、レイアウトに合わせた画像を用意してアップロードします。

    ④レイアウトタイプ
    リッチメニューのレイアウト構成を11種類から選択することができます。
    ここでは「1+3枠」を選択しています。

    レイアウトタイプに「フリー(小), フリー(大)」タイプが新たに追加されました!

    アクション領域を自由に座標で指定することができる「フリー」タイプが登場しました。以下ページから自由指定で作成する方法をご確認いただけます。

    ⑤画像をアップロード
    選択したレイアウトに合わせた1枚絵の画像をアップロードします。
    アップロード可能な画像の最大サイズは以下の通りです。

    画像サイズ:2500px(横)x1686px(縦)
    (小サイズのレイアウトの場合は2500px(横)x843px(縦)の画像をご用意下さい)
    容量:1MB以内
    拡張子:jpg / png

    ※ 各レイアウトのテンプレートファイルはこちらからダウンロード可能です。

  • 4.領域ごとのアクションを設定します

    各領域ごとにアクションを設定することができます。ここでは「1+3枠」のレイアウトを選択し他ので、領域A〜Dの4箇所に対してそれぞれアクションを設定することができます。
    全て入力し終えたら登録ボタンを選択して完了します。

    ⑥アクションタイプの設定
    アクションタイプの設定種類は以下の通りです。
    • webページへのリンク 任意のリンク先に移動させることができます。
      トーク画面内に表示される専用領域でウェブページを開きたい場合は、下記「webページをLIFFで表示」を選択するか、LIFFブラウザ用リンク を発行して貼り付けることでも対応できます。
    • webページをLIFFで表示する ウェブページをLIFFアプリで開くことができます。
    • 指定したキーワードを発言 ここで入力したテキストを、発言させることができます。
    • プロフィール登録画面 プロフィール登録画面を表示します。
    • クーポン一覧画面 獲得済みのクーポン一覧画面を表示します。
    • ポストバックイベント 指定したポストバック値を送信することができます。
    • 設定しない アクションを設定しません。
  • 5.作成したリッチメニューをデフォルトに設定します

    作成したメニューをチャットルームで使用するためにデフォルトメニューに設定するボタンを選択します。

    ①デフォルトメニューに設定
    このメニューをデフォルトメニューとして設定します。
    既に別のリッチメニューを使用していた場合、作成したこのリッチメニューがデフォルトに切り替わります。
    ②デフォルトメニュー変更予約
    このメニューを指定した日時のタイミングで変更することができます。

    メニューの予約変更方法は、以下から確認できます。

  • 6.作成したリッチメニューがチャットルームに表示されます

    作成したリッチメニューがチャットルームに反映されていることを確認します。

無料で始めるLINE公式アカウントの販促ツール!

今すぐ無料で始める

Posterについてのご質問・ご相談
画面右下のチャットまたは問合せフォームボタンより承ります。

お問合せフォームへ

受付時間:平日09:00〜17:00


※ LINE 及び LINE@ はLINE株式会社の商標または登録商標です。PosterはLINE株式会社が提供する LINE Messaging API を利用しています。