リッチメニューをポストバックアクションで切替える


リッチメニューを2枚以上用意し切り替えるためには「ポストバックアクション」機能を利用します。

リッチメニューの切替え


作成時の ポイント

  • ①切替え前のメニュー②切替え後のメニューを「リッチメニュー管理画面」で作成する必要がある
  • を切替えるには、ポストバックアクションでそれぞれ切替えアクションを作成する必要がある
  • 切替えアクションを実行するには、のリッチメニューのアクション領域にそれぞれポストバックアクションを設定する必要がある
  • 1.最初に、切替え後のメニュー切替え前のメニューに戻すための「ポストバックアクション」を作成します

    サイドメニューから「メッセージ機能 > ポストバックアクション」を選択します。

  • 2.ポストバックアクションを新規作成します

    「ポストバックアクション」画面で 新規作成ボタンを選択します。

  • 3.切替え前のメニューに戻るためのアクションを作成します

    管理名、アクションを設定して登録します。
    アクション種別は「リッチメニュー変更」を選択し、リッチメニューは「個別指定を解除」を設定します。

    ①管理名
    管理用に名前を登録します。この名前は友だちには見えません。
    ②アクションの登録
    アクションを登録します。ポストバックアクションで設定可能なアクションは以下のとおりです。
    • タグ付け/タグ解除 タグの付与/削除を行うことができます。
    • リッチメニュー変更 リッチメニューを変更するアクションを指定できます。
      今回の例ではこのメニューを選択し、設定値は「個別指定を解除」を選択します。
    • 応答メッセージ送信 作成したテンプレート(定形文)を選択することで、メッセージを送信できます。
  • 4.ポストバック値をコピーして控えます

    登録し終えたら、ポストバック値をコピーします。
    この値を「②切替え後のメニュー」のアクションに設定します。

  • 5.②切替え後のメニューを作成します

    サイドメニューから「設定 > リッチメニュー管理」で「リッチメニュー管理」画面に移動したら、
    新規作成ボタンを選択して、切替え後のメニューを作成します。

  • 6.必要情報を入力してリッチメニューの作成を進めます

    必要情報を入力し、任意のレイアウトタイプを選択して作成していきます。

  • 7.アクションにポストバックアクションを指定します

    指定した領域のアクションに、手順4でコピーしたポストバックアクションを指定して登録します。これで、「①切替え前のメニュー」に戻す動作を設定できました。

    今回の例では「フリー(小)」を選択したため座標でアクション領域を指定していますが、アクション自体の設定はどのレイアウトタイプでも利用可能です。

    設定し終えたら「登録」ボタンを押して完了します。

  • 8.「ポストバックアクション」管理画面に戻って、
    切替え前のメニュー切替え後のメニューに切替えるためのアクションを作成します

    リッチメニューを切り替えるためのポストバックアクションを作成します。

    手順1と同様に、サイドメニューから「メッセージ機能 > ポストバックアクション」で「ポストバックアクション」管理画面へ選択し、 新規作成ボタンを選択します。

  • 9.「①切替え前のメニュー」に切替えるためのアクションを設定します

    アクション種別は「リッチメニュー変更」を選択し、リッチメニューには、手順7で作成したリッチメニュー名を設定します。

  • 10.ポストバック値をコピーして控えます

    登録し終えたら、ポストバック値をコピーします。
    この値を「①切替え前のメニュー」のアクションに設定します。

  • 11.切替え前のメニューを作成します

    サイドメニューから「設定 > リッチメニュー管理」で「リッチメニュー管理」画面に移動したら、
    新規作成ボタンを選択して、切替え前のメニューを作成します。

  • 12.アクションにポストバックアクションを指定します

    指定した領域のアクションに、手順10でコピーしたポストバックアクションを指定して登録します。これで、切替え後のメニューに切り替える動作を設定できました。

    今回の例では「フリー(小)」を選択したため座標でアクション領域を指定していますが、アクション自体の設定はどのレイアウトタイプでも利用可能です。

    設定し終えたら「登録」ボタンを押して完了します。

  • 13.作成したリッチメニューを「デフォルト」に設定します

    作成した切替え前用のリッチメニューはデフォルトメニューに設定する(即時)ボタンを選択して、デフォルトメニューに設定します。

  • 14.リッチメニューの切り替えが完成しました

    設定した領域をタップすると、リッチメニューが切り替わるようになりました。

    【切替え前リッチメニュー】
    赤い領域をタップすると切り替わる
    【切替え後リッチメニュー】
    赤い領域をタップすると切替え前のメニューに戻る

無料で始めるLINE公式アカウントの販促ツール!

今すぐ無料で始める

Posterについてのご質問・ご相談
画面右下のチャットまたは問合せフォームボタンより承ります。

お問合せフォームへ

受付時間:平日09:00〜17:00


※ LINE 及び LINE@ はLINE株式会社の商標または登録商標です。PosterはLINE株式会社が提供する LINE Messaging API を利用しています。