簡易チャットボットの使い方

  • 1.「簡易チャットボット」画面に移動

    サイドメニューから「メッセージ機能 > 簡易チャットボット」を選択します。

  • 2.ルール作成画面へ移動

    「簡易チャットボット」画面で 新しいルールを作成ボタンを選択します。

  • 3.新しいルールを作成

    ルールを作成し、作成し終えたら登録ボタンを選択して保存します。

    ①マッチタイプ

    キーワードのマッチタイプを選択できます。

    • 完全一致:指定した言葉と完全に一致するメッセージが送られて来た場合に反応します
    • 前方一致:指定した言葉が、メッセージの前方の言葉と一致している時に反応します
    • 後方一致:指定した言葉が、メッセージの後方の言葉と一致している時に反応します
    • 部分一致:指定した言葉が、メッセージ言葉内に含まれている時に反応します
    • 正規表現:指定した言葉の一致法則を、正規表現を使って指定することができます。
    ②キーワード
    任意のキーワードを入力します。
    複数登録する場合は、改行区切りで登録します。

    今回の例では、「マッチタイプ:部分一致」を選択します。

  • 4.イベントを登録

    どんなイベントを発生させるかを登録します。

    新規追加ボタンを選択して作成画面へ移動します。

  • 5.イベントを設定

    画面の各箇所の説明です。

    ①イベントのタイプ

    イベントのタイプを選択できます。

    • テキスト:テキストで返信をします。
    • テンプレート:「テンプレート一覧 」に登録したメッセージを呼び出して返信します。
    ②出現頻度

    イベントの出現頻度を設定することができます。

    出現頻度の設定例

    例えば、以下のようにイベントを2つ追加し、それぞれの出現頻度を設定した場合

    • イベント1(出現頻度:3)
    • イベント2(出現頻度:1)

    「イベント1」の方が「イベント2」より高い頻度 ※ で選択されます。(イベント1 > イベント2)

    ※「イベント1」は3/4の確率、「イベント2」は1/4の確率で選択されます。

    ③テキスト入力/テンプレートを選択

    イベントタイプを「テキスト」にした場合はテキストを入力できます。

    イベントタイプを「テンプレート」にした場合はテンプレート選択ボタンが表示されます。

  • 6.テンプレートを選択

    この例では、イベントタイプ「テンプレート」を選択した場合の手順をご案内します。

    「テンプレートを選択」ボタンを選択します。

  • 7.テンプレート一覧から選ぶ

    テンプレート選択ウィンドウが開くので、返信に使用したいテンプレートを選択します。

  • 8.イベントを保存

    テンプレートの選択ができたら、登録ボタンを選択して保存します。

  • 9.イベント登録完了

    イベントの登録が完了したら、 一覧に戻るボタンで一覧ページへ戻ります。

    イベントを追加で登録したい場合には、右上の「新規作成」ボタンから追加できます。

  • 10.ルールの位置を確認

    新規作成したルールは、一番下に追加されます。

    もし、似たようなルールを作成していた場合や、全てのパターンに一致する「やまびこチャット 」などを作成している場合には、それより下にあるルールが発動しないため、それよりも上に配置する必要があります。

    作成したルールの左側にある「」アイコンをマウスでつかんで移動させることで、任意の順序に配置を変更することができます。

  • 11.ルールの並べ替えを保存します

    ルールの配置を変更した後は、 並び替えを保存ボタンを選択して保存します。

    ※保存ボタンを押さないと状態が保存されません。

  • 12.実際にチャットボットが反応するか確認します

    チャットルームで「Posterについて」が含まれるメッセージを送信すると、指定したテンプレートメッセージが返信されました。

    「マッチタイプ:部分一致」で登録したため、
    「Posterについて」というテキストが含まれる文章に対して反応しました。

無料で始めるLINE公式アカウントの販促ツール!

今すぐ無料で始める

Posterについてのご質問・ご相談
画面右下のチャットまたは問合せフォームボタンより承ります。

お問合せフォームへ

受付時間:平日09:00〜17:00


※ LINE 及び LINE@ はLINE株式会社の商標または登録商標です。PosterはLINE株式会社が提供する LINE Messaging API を利用しています。