JSONタイプ(フレックス)

  • 1.JSONタイプを選択

    フレックス(またはフレックスlite)タイプの作成画面で、「+」ボタンを選択し、メッセージタイプから「JSON」を選択します。

  • 2.バルーンを選択

    バルーンを選択し、編集します。

  • 3.JSONを入力

    JSONを入力します。

    LINE Messaging APIの「Flex Message」のバブルコンテナの仕様に準拠したJSON文字列を入力して下さい。
    バブルコンテナの仕様については「LINE Developersドキュメント 」を参照して下さい。

  • 4.メッセージを登録

    作成が完了したら「登録」ボタンを選択して保存します。

  • 5.テスト送信して完了

    メッセージを作成し終わったら、テスト送信するボタンでメッセージをテスト送信します。

    テスト送信した端末で確認しましょう。

無料で始めるLINE公式アカウントの販促ツール!

今すぐ無料で始める

Posterについてのご質問・ご相談
画面右下のチャットまたは問合せフォームボタンより承ります。

お問合せフォームへ

受付時間:平日09:00〜17:00


※ LINE 及び LINE@ はLINE株式会社の商標または登録商標です。PosterはLINE株式会社が提供する LINE Messaging API を利用しています。